平成14年10月16日
各位
弘前大学教育学部長 佐藤三三
弘前大学教育学部フレンドシップ委員会
委員長 羽賀敏雄

弘前大学教育学部
平成14年度フレンドシップ事業シンポジウムの開催のご案内
一般公開

趣旨

 フレンドシップ事業は,教員を目指す学生が種々の体験活動を通して,子どもたちとふれあい,子どもの気持ちや行動を理解することができるようにする目的をもった実践的事業です。この事業は,教育委員会と連携し,社会教育施設を活用し,施設関係者,学校教員,保護者の意見を加えて学生自身が創造的に工夫し活動することを内容としています。

 平成14年度は,弘前市学校適応指導教室の通級児童生徒に対する「ふれあい支援活動」,弘前市立中央公民館の子ども会研修会と連携した「ふれあい自然体験活動」,弘前市立第三大成小学校と連携した「三大小でふれあい体験活動」,弘前市立文京小学校と連携した「文京小でふれあい体験活動」,青森県青年の家,青森県立梵珠少年自然の家及び西北五地区青少年赤十字指導者協議会と連携した「青少年教育施設でふれあい体験活動」,板柳町立板柳北小学校と連携した「米作りでふれあい体験活動」の合計6事業を行いました。シンポジウムでは,学生のプレゼンテーション等によるフレンドシップ事業の成果の報告と,教育委員会等との連携のあり方の協議などを行います。

開催日時平成14年11月2日(土)
全体会 13:00〜15:40
分科会 16:00〜18:00
場所弘前大学教育学部
参加費無料
主催弘前大学教育学部

全体会

会場教育学部207教室
司会弘前大学教育学部附属教育実践総合センター長 羽賀敏雄
挨拶弘前大学教育学部長 佐藤三三

基調講演

活動紹介

司会 弘前大学教育学部附属教育実践総合センター助教授 野呂徳治

講評

分科会

司会・発表者 各事業代表学生

○第1分科会 ふれあい支援活動

会場教育学部207教室
司会者弘前大学教育学部附属教育実践総合センター教授 豊嶋秋彦
発表者学生 斉藤千夏、弥延浩史
助言者弘前市適応指導教室学習指導員 三浦義正
青森県総合学校教育センター指導主事 七戸完三郎

○第2分科会 ふれあい自然体験活動

(小学校班)
会場教育学部第2会議室
司会者学生 成田早希子、二日市彩
助言者弘前市立新和中学校教諭 青山宣道
(中学校班)
会場教育学部被服構成学実習室
司会者学生 佐野大樹
助言者弘前市立第二中学校教諭 鳴海 剛

○第3分科会 三大小でふれあい体験活動

会場教育学部401教室
司会者学生 工藤幸子
助言者弘前市立第三大成小学校教務主任 佐藤 昭
青森県総合学校教育センター指導主事 千田雅美

○第4分科会 文京小でふれあい体験活動

会場教育学部第1会議室
司会者学生 松渕 司
助言者弘前市立文京小学校教務主任 江利山恭平
弘前市教育委員会指導主事 小田切 敦

○第5分科会 青少年教育施設でふれあい体験活動

(青森県青年の家主催「わくわく自然倶楽部夏」)
会場教育学部附属教育実践総合センター3階学校教育演習室
司会者学生 齋藤隆博
助言者青森県立青年の家社会教育主事 成田安男
(青森県立梵珠少年自然の家主催「アウトドアライフ2002 in summer」)
会場教育学部附属教育実践総合センター3階マイクロテーチング室
司会者学生 村上峰盛
助言者青森県立梵珠少年自然の家研修課長 木村洋志
(西北五地区青少年赤十字指導者協議会主催「青少年赤十字リーダー研修会」)
会場教育学部附属教育実践総合センター1階自主学習室
司会者学生 荒井 健
助言者鰺ヶ沢町立南金沢小学校教諭 浅利善仁

○第6分科会 米作りでふれあい体験活動

会場教育学部生涯教育課程学生演習室
司会者学生 戸井未来、千葉玲子
助言者板柳町立板柳北小学校教頭 高橋範隆

koyama@cc.hirosaki-u.ac.jp