TOP  |  会則  |  活動内容  |  役員  |  リンク
 
活 動 内 容
 T.同窓生の活躍
 今回特にありませんでした。
 U.平成29年度教育学部と同窓会との懇談会
 ※同窓会報あすなろ39号に記事がありますのでご覧ください。
      



 V.総会について
        平成28年度の定時総会は平成28年6月4日(土)午後2時から弘前パークホテルにおいて、相馬会長以下25名の役員(会長、副会長、監事、各支部長、支部評議員、常任委員)の出席により行われました。
 相馬会長から長年の課題である同窓会入会者数を増やす方法をみんなで考えていきたい旨の挨拶がありました。
 その後、議案の審議に入り会計監査報告、平成27年度庶務報告、決算報告、会則、平成28年度事業計画案、予算案と審議が行われました。学部からの要望にできるだけ応えていくことで28年度事業計画案、予算案が一括承認されました。  役員改選の年度なので改選がありました。相馬会長以下副会長、監事の7名は再選され、前田幸子氏が新副会長に選出されました  その後中野副学部長、石戸谷事務長をお迎えし懇親会が盛会に行われました。
 
 平成29年度の定時総会は平成29年6月3日(土)午後2時から弘前パークホテルにおいて、相馬会長以下31名の役員(会長、副会長、監事、各支部長、支部評議員、常任委員)の出席により行われました。
 相馬会長からは、学部は教職大学院を開設しミドルリーダーを養成することや、学部卒業生の50%を教員に合格させることを目指す等難しい課題を背負っている状況の中にあることから「教員を目指す学生への支援に力を入れたい」旨の挨拶がありました。
 その後、議案の審議に入り会計監査報告、平成28年度庶務報告、決算報告、会則、平成29年度事業計画案、予算案と審議が行われました。学部からの要望にできるだけ応えていくことで29年度事業計画案、予算案が一括承認されました。
 その後戸塚学部長、松岡新事務長並びに齋藤、木村、鈴木の3人の顧問をお迎えし懇親会が行われ盛会のうちに終了しました
 
 平成30年度の定時総会は平成30年6月2日(土)午後2時から弘前パークホテルにおいて、相馬会長以下27名の役員(会長、副会長、監事、各支部長、支部評議員、常任委員)の出席により行われました。
 総会開催前に岡元監事と廣野評議員への黙祷を行いました。奈良副会長の開催の言葉に続き、相馬会長は会長挨拶の中でお二人の不幸、大学創立70周年、物作り大国、近年の金と心の軽重、マンデラ氏を引き合いにして教育の重要性についてそれぞれ述べました。 
 その後、花田評議員を議長に選出し議案の審議に入りました。会計監査報告、平成29年度庶務報告、決算報告、会則、平成30年度事業計画案、予算案と審議が行われました。学部からの要望にできるだけ応えていくことで30年度事業計画案、予算案が一括承認されました。
 二年に一度の役員選挙が行われ、岡元監事に変わって高木監事が選出されました。会長以下その他の役員は全員留任になりました。議案審議がすべて終わり議長退任、前田副会長の閉会の言葉で平成30年度総会は終了しました。
 
  
 
 その後場所を移し、戸塚学部長、松岡事務長並びに木村、鈴木の両顧問をお迎えし平成30年度の総会懇親会が開催されました。戸塚学部長からご挨拶を頂き、工藤副会長には同窓会創立の秘話を話してもらい、その後齋藤キヨ青森市・東郡支部長の乾杯の発声で宴が始まりました。2時間余それぞれ懇親を深め盛会のうちに終了いたしました。
      
Copyright 2010 弘前大学教育学部同窓会