校長あいさつ

 本校では,「自分のもっている力を精いっぱい発揮し,積極的な社会参加をめざす」という目標の下,これまで,スポーツ庁委託事業「Special プロジェクト2020」によるスポーツ活動や,造形活動をはじめとする表現力を高める教育,本校が事務局を務める「つがる地区障害者就労支援連絡会”さくらジョブネット”」を活用しての就労支援,キャリア教育の一環として地域での清掃活動や喫茶スペースの運営等に取り組んできました。このような取組は,児童生徒の積極的な社会参加の実現につながる特色ある教育活動として定着してきており,今後も大学や地域と連携しながら実践を積み重ね成果を発信してまいりたいと考えています。
 また,本校は弘前大学教育学部の附属学校として,在籍する児童生徒の学びと成長を保障する場であるとともに,大学の教育と研究の場としての使命も担っています。現在,弘前大学では,教育行政機関と教育・医学連携による教育課題解決に向けた取組を進めており,附属学校園においては大学の方針の下,特に「健康教育」と「インクルーシブ教育」の推進に向け,協同で実践研究に取り組んでいます。この中で本校では健康教育をテーマとした全校研究として,「日常活動量」や「生活習慣」,「心の健康」の側面から児童生徒一人一人への効果的な支援方法を探るとともに,インクルーシブ教育システムの構築を目指した取組として,地域の児童生徒とのスポーツ交流や,附属小学校内に開設された学習支援室(ぴあルーム)に教員を派遣し,附属学校園の幼児児童生徒に対する教育的支援を行っています。
 本校の特色ある教育活動並びに大学・附属学校が連携した実践研究は、新学習指導要領で掲げられた「社会に開かれた教育課程の実現」や「キャリア教育の充実」,「生涯学習に向けたスポーツや文化芸術的活動の推進」にもつながるものと考えています。
 本校では,これまでの取組を含め,今後も児童生徒の自立と社会参加に向けた教育活動の充実に全教職員で取り組んでまいりますので,皆様のご理解とご協力を,よろしくお願いいたします。

   令和元年5月1日
校 長 川 村 泰 弘

本校の概要

 本校は国立大学法人弘前大学教育学部の附属学校として,知的障害のある児童生徒のよりよい教育実践の追及,教育学部との連携した研究の推進,学生への教育実習や各種実習・体験,卒業論文などに関する研究・検証の場の提供と指導を進めています。地域の学校としての役割を積極的に果たすために,教育相談や巡回相談,公開研修会などを実施しています。また,弘前大学教育学部と連携した教育相談も実施しています。

基本目標

「自分のもっている力を精いっぱい発揮し,積極的な社会参加をめざす」
 基本目標のもと,具体目標を設定しています。各学部ごとに,重点目標を設定し,一貫性のある指導を展開しています。
 特に初期の段階では基本的生活習慣の確立,中期の段階では集団生活への参加,後期の段階では豊かな生活を送るために必要な知識技能の習得,態度の育成を重点にし,充実した学校生活を送れるようにしています。

主な年間行事予定

下記以外に,父母の会主催行事や卒業生対象行事等があります。
 4月 入学式,新任式,前期始業式,参観日,個人面談(新入生),新入生を迎える会(小・中),
    対面式(高)
 5月 運動会,個人面談
 6月 学校見学会,職場見学(中),施設・職場見学(高),前期現場実習(高),水泳教室(中),
    宿泊学習(小)
 7月 フライングディスク交流大会,参観日(小・中)
 8月 3年次教育実習,水泳遠足(小)
 9月 公開研究発表会,学校生活体験実習,4年次教育実習,前期終業式
10月 後期始業式,修学旅行(高・隔年実施),参観日(小・中)
11月 入学者・転入学者選考,合格者発表,後期現場実習(高)
12月 介護等体験実習,学習発表会,クリスマス会(小)
 1月 造形作品展,もちつき会・保護者集会,親子スキー教室(小),スキー教室(中・高)
 2月 保健実習,個人面談,卒業生を送る会
 3月 卒業式,修了式,離任式

学校案内リーフレット

 学校案内リーフレット →クリック