校長あいさつ

 本校では,「自分のもっている力を精いっぱい発揮し,積極的な社会参加をめざす」という目標の下,スポーツ・健康教育や造形などの創作・表現活動など特色のある教育を通じて一人一人の能力を最大限に伸ばし,また地域と連携したキャリア教育・就労支援の充実に努めています。
 また本校は,弘前大学教育学部の附属学校として,在籍する児童生徒の学びと成長を保障する場であるとともに,大学の教育と研究の場としての使命も担っております。いくつかの先駆的実践は全国的にも注目を集めており,本校が中心となって推進し,スポーツ庁の助成の下に障害者スポーツの普及啓発をめざす「Special プロジェクト2020」はその一例です。
 さて,わたしたちは,「学ぶ」ことで自分の能力を高め,自分にふさわしく「働く」機会をもち,健やかに「生きる」ことをめざしますが,このような一連の過程は,憲法上相互に関連する一体の権利とされています。本校における教育活動は,児童生徒の「生存権」(25条)と「勤労権」(27条)の基礎となる「学習権」(26条)の保障として大切な位置づけをもっています。
児童生徒の皆さんには,学校での勉強,スポーツ,ものづくり,作業学習などを通じて自分の得意分野を見つけ,思いっきりチャレンジしてほしいと願っています。本校教職員はベストを尽くして皆さん一人一人の成長を日々支援してまいります。


                                    平成30年5月1日
                                  校 長  宮 﨑 秀 一

本校の概要

 本校は国立大学法人弘前大学教育学部の附属学校として,知的障害のある児童生徒のよりよい教育実践の追及,教育学部との連携した研究の推進,学生への教育実習や各種実習・体験,卒業論文などに関する研究・検証の場の提供と指導を進めています。地域の学校としての役割を積極的に果たすために,教育相談や巡回相談,公開研修会などを実施しています。また,弘前大学教育学部と連携した教育相談も実施しています。

基本目標

「自分のもっている力を精いっぱい発揮し,積極的な社会参加をめざす」
 基本目標のもと,具体目標を設定しています。各学部ごとに,重点目標を設定し,一貫性のある指導を展開しています。
 特に初期の段階では基本的生活習慣の確立,中期の段階では集団生活への参加,後期の段階では豊かな生活を送るために必要な知識技能の習得,態度の育成を重点にし,充実した学校生活を送れるようにしています。

主な年間行事予定

下記以外に,父母の会主催行事や卒業生対象行事等があります。
 4月 入学式,新任式,前期始業式,参観日,個人面談(新入生)
    新入生を迎える会(小・中),対面式(高)
 5月 運動会,個人面談
 6月 学校見学会,職場見学(中),職場・施設見学(高),前期現場実習(高),宿泊学習(小)  7月 フライングディスク交流大会,参観日(小・中),水泳教室(中),家庭訪問(夏季休業中)  8月 スポーツに関する公開研修会,3年次教育実習,水泳遠足(小)
 9月 学校生活体験実習,修学旅行(中・隔年実施),前期終業式
10月 後期始業式,修学旅行(小・隔年実施),4年次教育実習,参観日(小),後期現場実習(高)
11月 参観日(中),入学者選考,合格者発表
12月 学習発表会,クリスマス会(小),介護等体験実習
 1月 造形作品展,もちつき会・保護者集会,スキー教室(中),宿泊スキー教室(高・隔年実施)
 2月 親子スキー教室(小),保健実習,個人面談
 3月 卒業生を送る会,卒業式,修了式,離任式

学校案内リーフレット

 学校案内リーフレット →クリック