2009.6.10 -

教育力向上プロジェクト(ラボバスプロジェクト)

弘前大学教育学部

 本事業は、弘前大学と青森県との包括協定の下、青森県教育委員会等と連携して、下北・三八地域等の遠隔地も含めた県内各地の教育現場において、学部独自の移動教室用実験バス(ラボ・バス)を活用し、児童・生徒に「学び」の楽しさを伝えるとともに、現職教員等に対する研修の場の提供、教員を目指す本学学生の多様な教育実践の場とすることで、青森県全体の教育力向上を目指すものです。

 また本事業は、単に県内各地への移動教室の実践だけではなく、インターネット環境の整備により、ラボ・バスを活用した遠隔地での授業や研修の内容を、他地域の教育委員会の研修施設や教育学部附属学校園において視聴し、あるいは大学および附属学校園での授業をインターネットにより県内各地の教育現場で視聴しながら、双方向の議論を実施できるような取り組みも視野に入れて、現在、検討中です。

 平成20年度は、いくつかの授業を各地で試行的に実施し、平成21年度より、継続的な本格実施を行っております。

弘前大学教育学部総務グループ(0172-39-3316)


平成23年度 教育力向上プロジェクト 事業実施計画一覧 (平成21年度の実施状況はこちら・平成22年度の実施状況はこちら)

No.プロジェクト名対象概要担当教員
(担当講座)
1 理科(物理)実験講座 小・中・高等学校・理科教員研修等  物理実験をメインにした理科実験講座。主に高校物理の教科書の内容に関連するものであるが,中学校、小学校でも対応可能。具体的には,例えば光の二重性(波動性と粒子性),レーザーとフォトンカウンターを使って光の粒子性を確かめる実験、万有引力実験器を使った実験等を計画している。 山本逸郎
東徹
佐藤松夫
(理科教育講座)
2 いろいろな成分を探りだそう 小・中・高等学校・理科教員研修等  普通の小中高等学校にはない測定装置を用いて、身近にあるものの成分調べる実験を行う。具体的には以下のようなものを計画している。
    (1)河川水の成分測定
    (2)食品中の成分測定
    (3)大気中の成分測定
長南幸安
(理科教育講座)
3 合成実験をしてみよう 小・中・高等学校・理科教員研修等  普通の小中高等学校にはない合成装置を用いて、機能性材料や薬など我々の生活に役立っているものの合成実験を行います。具体的には以下のようなものを計画している。
    (1)アスピリンなどの薬を作ってみよう
    (2)染料・色素を作ってみよう
    (3)機能性材料を作ってみよう
    (4)アモルファスを作ってみよう
    (5)超伝導物質などの無機材料を作ってみよう
長南幸安
(理科教育講座)
4 物質の性質を調べてみよう 小・中・高等学校・理科教員研修等  普通の小中高等学校にはない測定装置を用いて、機能性材料や薬など我々の生活に役立っている物質の性質を測定します。具体的には以下のようなものを計画している。
    (1)赤外線を測ってみよう
    (2)光を測ってみよう
    (3)気体の性質を測ってみよう
    (4)液体の性質を測ってみよう
長南幸安
(理科教育講座)
5 バイオエタノールを作ってみよう 小・中・高等学校・理科教員研修等  スイートソルガムという砂糖を多く含む植物を「種まき」から育てて、収穫してみる。収穫した植物をアルコール発酵させて、「バイオエタノール」を作り出す。作り出したバイオエタノールで、モデルを動かしてみる。 長南幸安
(理科教育講座)
6 生物を観察してみよう 小・中・高等学校・理科教員研修等  普通の小中高等学校に置いてある光学顕微鏡では見られない世界を見ることができる。学校に置いてある光学顕微鏡は、透過型なので生物の構造をはっきりと見るためには染色という操作を施す必要がある。染色の操作を施すことで、生物を加工した形で観察することになり、正確とはいえない。この微分干渉顕微鏡は、通常染色が必要な生物組織でも、染色せずにそのまま観察することが出来るため、生物本来の細胞や組織を観察することが可能である。 大明史
佐藤崇之
岩井草介
(理科教育講座)
7 EDXで色々な元素を探ろう 中学校・高等学校  走査型電子顕微鏡(SEM)に装着されたEDX(エネルギー分散型X線マイクロアナライザ)を用いて,様々な物質に含まれる元素の種類や量を調べます。具体的には以下のようなものを計画している。
    (1) 都市鉱山にレアメタルを探せ!
    (2) 温泉が運ぶ資源〜恐山の温泉沈殿物を調べる〜
    (3) 海の水はなぜしょっぱい?〜風化のはたらき〜
    (4) 生物が集める元素
植田勇人
(理科教育講座)
8 電子顕微鏡で探るミクロの世界 小・中・高等学校・理科教員研修等  植物や昆虫,岩石,電子部品などを走査型電子顕微鏡(SEM)で最大10000倍まで拡大して観察する。工業,バイオなど様々な分野で使用されるSEMに触れるとともに,通常の顕微鏡では見えない自然の精巧なつくりや,精密な電子工学技術の成果を観察できる。花粉や気孔,昆虫,泥岩中の微化石,集積回路などから題材を選んで観察し、生徒の持ち込み試料を観察することも可能(要事前打合せ)。 植田勇人
(理科教育講座)
9 岩石や鉱物を顕微鏡で観察しよう 中学校・高等学校  偏光顕微鏡を用いて,岩石や鉱物を観察します.鉱物が放つ美しい色(干渉色)や,鉱物が組み合わさってできている岩石のつくりを観察できます。おもに県内の岩石を扱うので,身近にある岩石を観察できる。 植田勇人
(理科教育講座)
10 楽器今昔物語 小学校  学校の体育館等での音楽教室(楽器紹介や演奏を含む)を開催し、(1)学生による古・現代の楽器を使用した管楽器アンサンブルや比較演奏、(2)教員による声楽とピアノのデュオ演奏及びデジタル楽器の伴奏による大合唱、教員と学生による生徒達に身近なトイピアノやリコーダーを使った作品発表を行う。 和田美亀雄
浅野清
(音楽教育講座)
11 レーザー加工及び樹脂造型装置を用いた3DCG教育の可能性 中学校教員  CG画面内に形成された図、絵、表等が木材、樹脂等に彫刻されていき新たな表現方法を生み出す課程や、CG画面内に形成された3DCG造形物が樹脂を用いて立体表現されていく様子を研修し、新たな授業実践に結びつけていく研修を行う。 石川善朗
(美術教育講座)
12 伝統工芸と最新技術を学ぶ 高等学校  「津軽の心と技」デザイン創世・伝承事業の一環として青森県中南地域県民局と合同で、伝統技術と最新技術の融合を探るデザイン開発の研修を行う。美術教育講座在籍の学生と共に高校生向け教科教育の可能性を探る。 石川善朗
(美術教育講座)
13 最新の工業デザインを試作品作成の過程から学ぶ 中学校  コンピューターグラフィックスを利用したデザイン考案から試作品完成までのデザイン開発の課程を体験する。さらにレーザー彫刻装置により、主に木材、樹脂の高度な線彫り、切断、彫刻作品の作成方法を視覚的に把握する。3次元の立体に関しては実際のコンピューター操作と樹脂造形装置の連動を学習し、試作品作成の主流であるラピットプロトタイピング技法について学ぶ。 石川善朗
(美術教育講座)
14 小学校における簡単なCG作成法と最新造型方法の授業実践 小学校  高学年生向けに、工業製品の誕生する課程を製品考案から試作品の完成までに焦点を絞って、平易な語句を用いて解説すると同時に、実際の作成機器を用いて目で見て、手で触れる授業を行う。図画工作の工作的側面について、現在一般的に行われている高度な造形を、3次元造形装置を用いて理解させる。 石川善朗
(美術教育講座)
15 芸術表現と音の科学に関する教育力向上プログラム〜グラスハープの演奏と音に関する実験学習〜 小・中学校  グラスハープ(ワイングラスを濡れた指で擦ることによって音を出す楽器)をもちい、音に関する体験的な科学実験と演奏会をおこなう。 冨田晃
(美術教育講座)
16 スポーツ科学の基礎「体を探り、測る」 高等学校  スポーツ科学を専攻する高校生を対象に、最新鋭の実験機器を持ち込み、身体組成、呼吸循環機能、筋神経系機能に関するスポーツ科学の授業を実施する。1回の授業は「講義」「実験」「演習」の形式から成り立ち、それぞれの実験項目についてスポーツ生理学的基礎を学習した後に実験に取り組む。基本的に実験は対象となる40名全員が測定者・非測定者になるような内容を準備しており、自身のデータについて実験後分析をする。実験後の演習では、ワークーシートを完成することにより実験データの評価の方法や分析の方法、評価・分析結果の解釈等が可能になる他、実際のトレーニング方法等の実技学習も適宜取り入れる。なお、1年生では基礎的内容を、2年生では応用的内容を実施する。 戸塚学
(保健体育講座)
17 サッカーのキックの分析を通してフォームの善し悪しを考える 中・高等学校・教員等  基本的なインサイドキックとインステップについて、実際に蹴った時のフォームをビデオ撮影し、動作分析ソフトや分解提示機能のあるソフトで、フォーム分析を行う。それによって、児童生徒に、学習の要点を理解させる。教員にあっては、フォームの善し悪しを見分ける時に、どこが重要な部分なのかを理解してもらう。 麓信義
(保健体育講座)
18 模擬裁判員裁判体験による法教育入門 2011 中学校・高等学校等  平成21年5月に施行された裁判員裁判制度を踏まえ、生徒自身が刑事裁判の当事者を演じうロールプレイの手法を用いて法の適用の実際を体験的に理解する授業を展開する。 宮崎秀一(社会科教育講座)
19 児童自立支援事業への参画による少年法、児童福祉法実地学習 児童自立支援施設等  児童自立支援施設に入所する児童への学習支援を行うことで、児童の学習意欲や学力の向上を図り、また、参加学生の実践の場として、少年法、児童福祉法その他を実地で学習して、リーダーシップを学ぶ。 宮崎秀一(社会科教育講座)
20 ネット・ケータイと情報モラル・サイトの探索と構築 小・中・高等学校・教員研修・PTA等  パソコン、携帯電話、CCDカメラ等を活用し、教室に「インターネット空間」を構築し、ネット媒体である「掲示板」「プロフ」「SNS」「出会い系サイト」等を、疑似体験を通して学び、その利便性と共に危険性を身をもって体験する。 大谷良光
(技術教育講座)
21 コンピュータ制御機器・生産システムの学習 小・中・高等学校・教員研修・PTA等  改訂中学校学習指導要領技術・家庭科で、「制御学習」が必修となった。大谷の研究プロジェクトチームが開発した「自動簡易言語オートマ君」と関係機器により、教師も子どもも楽しくわかる制御学習が展開できる。 大谷良光
(技術教育講座)
22 鉄を利用したナイフづくりにより刃物の利便と安全の学習 小・中・高等学校・教員研修・PTA等  児童・生徒は、製鉄の北限であった青森で炭素鋼を素材としてナイフをつくり、刃物の利便性と安全性を体験を通して学ぶ事ができる。 大谷良光
(技術教育講座)
23 ねぶた・ねぷた制作を通した伝統文化の学習 小・中・高等学校・教員研修・PTA等  本学在学のねふた弟子等の指導・支援により実施し、実施校教員や地域ねふた運行団体、保護者の協力もいただき完成させる。基本カリキュラム(組み、紙貼り、絵付けまでの全行程)は用意している。完成後は、実施校の行事に合わせて、校内祭や、地域祭に利用してもらう。 大谷良光
(技術教育講座)
24 青森産木材の性質を活かした道具づくりをとおして自然と人間の関わりを学習する 小・中・高等学校・教員研修・PTA等  白神産地を有する青森の子どもたちに、青森県産木材である「ヒバ」「ブナ」「リンゴ」の性質を活かした「暮らしの道具づくり」をとおして、(1)木材を科学し、(2)人間の知恵を学び、(3)森林と人間の関わりを学ぶ。地区の教員にも参加してもらい、環境学習とものづくり研修の場としたい。 荒井一成
(技術教育講座)
25 タイムエイド製作教室 盲聾養護学校教員等  自閉症児・者の時間管理に有効とされる「タイムエイド」の製作教室を開催する。製作に要する時間は2時間程度で、利用方法についての指導も行う。平成21年度は計81名が製作し、利用効果は良好である。 小山智史
(教育実践総合センター)
26 電子オルゴールの制作支援 小・中・高等学校等  課題制作、卒業制作、ものづくり教室、廃校の記念等での「電子オルゴール製作」を支援します。楽譜から入力し、オリジナルの電子オルゴールを作ることができる。「電子オルゴール」で検索するとトップでヒットするので参考にしてください。 小山智史
(教育実践総合センター)
27 TV会議システムを用いた遠隔支援 -  本学に導入されているTV会議システムLiveOnを用いて、
  1. むつ養護学校が行っている大間町在住児童の訪問学級に対する支援を行う。
  2. 理科教育講座(長南先生担当)のプロジェクト等、他のプロジェクトと連携し遠隔支援を推進する。
小山智史
(教育実践総合センター)

TV会議システムの活用(2011.7.28)

七戸養護学校(主会場) 弘前大学から学部長挨拶 富山県立黒部学園(サテライト会場)

報告書(むつ会場版), 報告書(八戸会場版), プレゼン資料