弘前大学 教育学部
中学校コース 数学専修 数学サブコース / 小学校コース 数学サブコース


TOP
スタッフ・ゼミ紹介
科目紹介
授業風景・大学生活
弘前大学
教育学部
入試情報
アクセス
キャンパスマップ

科目紹介

中学校コース数学専修基礎科目や主な数学サブコース科目の紹介

学年 科目名概要
1年 倫理・集合・写像 * 数学の根幹をなす命題と論理、そして数学のすべての分野の基礎である集合の性質を学びます。
線形代数概論 * どのような性質を持つ数学的対象が行列やベクトルとして理解できるか、また、そうすることにどのような良いことがあるのかということについて学びます。
微分積分概論 * 実数の連続性、極限、連続の概念を学びます。 さらに、微分積分の基本的な性質を学びます。
情報数学 * 数式処理で計算や作画をします。手計算では困難な実例までコンピュータで計算すること、グラフィックやアニメーションなどを用いて数式であらわされる現象を視覚的に捉えることによって、問題に対するアプローチの方法が広がります。
2年 数論入門 初等整数論について学びます。これは以後に学ぶ代数系の考え方の源泉にあたるものであり、かつ重要な例になるものです。
変換と幾何学 * 線形代数を活用して平面解析幾何、立体解析幾何を学ぶ事で、平面図形、立体図形の感覚を養う事を目標とし、主に、2次曲線、2次曲面の性質、分類等について学びます。
確率・統計入門 * 確率と統計の基本的な法則を学びます。またさまざまな分布について学び、統計的データの扱い方を学びます。
群論入門 群はもっとも基本的な代数的構造であり、現象の中に「対称性」を見出すために重要なものです。代数的な構造をどのように捉え、記述するかという方法を学びます。
偏微分・重積分 「線形代数概論」、「微分積分概論」をもとに、多変数関数の微分積分について理解する事を目標とします。
統計学 確率論の基礎的な定理及び標本と統計量の分布について理解することを目指します。 基礎的な確率分布、標本と統計量の分布、正規母集団に対する標本分布に関して数学的な証明を主に学びます。
数学科教育法 数学教育の目標を理解し、数学的な見方・考え方を育てることの意味と意義を明確にとらえることを目標とします。 
数学科授業論 学習指導要領の内容や数学教育の現状を踏まえた上で、考えさせる授業の構築に向け、「授業力」や「教師力」を身につけられるようにすることを目標とします。 考えさせる授業を構築するための工夫や改善方法を、具体的な教材研究を通して追求し、実際に授業をすることを念頭におき、中学校や高等学校で扱う数学の内容の背景にある数学的な見方や考え方を考察します。
3年 位相数学入門 点同士の「つながり方」を抽象化した、位相空間の性質を学びます。
幾何学T 3次元空間内の曲面について合同変換の観点から学びます。
応用数学T 自然現象や社会現象に現れる微分方程式を理解する上での第一歩として、基本的な微分方程式とその解法について学びます。
数学科教材論 数学教育の目標を理解し,数学的活動の意義や数学的な見方考え方を育てることの意味を明確にとらえられるようにすることを目標とします。 学習指導要領の内容をよく理解するとともに,数学教育の現状と課題及びその一解決策を探求し、 「数学を子どもに与える」という数学教育観からの脱却を目指し,考えさせる授業の構築のための視点を,具体的な教材研究を通して検討します。
数学科教育方法論 「授業の評価」「子どもの評価」の意味と意義を再確認することが目標です。また教材の開発や指導法の工夫,発展のさせ方について理解しいろいろな教材を発展的に考えていく姿勢,態度を養うことがもう1つの目標です。