2011.2.4-

吃音研究のための聴覚・視覚・触覚フィードバック装置

小山智史(弘前大学)

□ 概要

モード
DAF(Delayed Auditory Feedback)・DVF(Delayed Visual Feedback)...0~310ms
RAF(Reverbrated Auditory Feedback)・RVF(Reverbrated Visual Feedback)...0~70%
FAF(Frequency shifted Auditory Feedback)...0~500Hz
DTF(Delayed Tactile Feedback)...50Hz/100Hz/200Hz, 40~660ms
Arduino Mega2560
16MHz, 256KB Flash, 8KB SRAM, 4KB EEPROM
入力
Mic/Line信号を増幅後、LPF(MAX291)で4kHzに帯域制限し、MEGA2560のADC2へ(Ts=100us)。ADC0, ADC1はパラメータ設定用で、100us毎にボリュームの値を交互に参照。
出力
DAC(MCP4922)でアナログ信号にし、PhoneOutに出力

回路図:

プログラム(スケッチ): aafx.pde, aafxlib.h

Eagleファイル: aaf.sch, aaf.brd

装置の内部:


koyama@hirosaki-u.ac.jp