土 器 づ く り の 手 順

 知り合いの先生から教えていただいたのを参考にしながら自己流にいろいろ考えました。
 もっとよい方法をごぞんじの方はお知らせ下さい。

  1.  土器の形をつくる。     o市販されている「野焼き用粘土」を使用する。     oよく練った後,つなぎ目に気をつけながら底の方からつくっていく。     o縄やへら(定規など自由に工夫する)で模様をつける。
   2. 1〜2週間陰干し。     使われていないプールの更衣室を利用した。
 3. 野焼き    o地面を焼く     ・直径2〜4mぐらいの円形に,木や燃えるものを置く。     ・地面から蒸発した水蒸気が土器に湿り気を与えることを防ぐため,板の上に土      器をのせて,中央の火を囲むように,円形に土器を並べる。      ・木に火をつける。
 4. あぶり    o3と平行して行なう。側面→底→側面・・・と,まんべなく焼く。(1〜2時間)           o土器の温度が上がってくるので,軍手などを使用する。    o o時間が経ったら,次第に火に近付けてあぶる。
 5. 中央にまとめて,外側から焼く。    o土器を中央にまとめてしまうと,中に入れなくなるので通路をつくっておく。
    6. 攻め焼き     o全体に木をかぶせて焼く。(この時土器にぶつけて割らないよう注意)    oわらなどもかぶせてみる。 o後で草をかぶせるのもよい。


目次にもどる