長  楽  寺

  徳川氏始祖の徳川義季(よしすえ)が開基となり臨済宗の栄西の高弟である栄朝

    を開山として、1221年に創建されました。

     その後徳川家康が関東に入ると、徳川氏祖先の寺として重視されました。

     幕府に信任の厚い天海大僧正が住職となり、天台宗に改宗し、末寺700余ヶ寺

    をかかえる大寺院となりました。   

       (長楽寺にある三仏堂)

 

蓮(はす)池と渡月橋

     渡月橋北の池は、底が竜宮(りゅうぐう)に通じている言い伝えられている。