永  徳  寺

別名さつき寺ともいわれる。この地に徳川氏開祖の義季(よしすえ)が

 住居をうつすなど、徳川氏とのかかわりが深いため、江戸時代には朱印
    地を与えられた。