新田義貞の史跡・尾島町

 

 

総持寺

   新田氏総領の二町四方に
 建てられた寺で「館の坊」
 とも呼ばれる。新田義重・
 義貞・世良田頼氏などの
 館だったのではないかとい
 う説がある。
    右の写真は総持寺にある鐘楼。




二体地蔵塚

 世良田駅の南東約1キロにある。  
鎌倉幕府から派遣された武士が臨時税
を取り立てた。それを怒った新田義貞が
使者を切ったと言われている場所。  
 
 
 
 

明王院・千体不動塔

 二町四方の規模を持つ館跡に建てられた
寺である。長楽寺の文書によれば新田義貞
が「安養寺殿」と呼ばれていたので義貞の可
能性が大きい。 新田義貞の鎌倉ぜめの際、
不動明王が山 伏(やまぶし)に化身して越後
一帯の新田一族にその指令をふれ歩いたと伝
えられそのことから「新田触不動」ともいわれて
いる。
  境内にある高さ6mにも達するピラミッド型の
石造供養塔で、この塔には千体の動明王が刻
まれている。
 
 
 
 
 

     

( 明王院 )

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

岩松八幡宮

 新田義貞が山城(やましろ)の岩清水八幡宮に
参拝した時、松の実を持ち帰ってこの地にまい
たところ、松の木がはえたので岩松と地名をあ
らためこの八幡宮を建てたといわれている。
 
 
 
 
 

花見塚

新田義貞の妻の墓所と言い伝えられている。
つつじが咲き乱れていたことから、花見塚と
よばれてい。7基の五輪塔などが残っている。
 
 
 
 
 
 
 
 


indexへ