歴 史 の 香 り

 ---徳川氏発祥(はっしょう)の地---

 
 

  徳川家の先祖は源氏です。源氏は清和天皇から始ま

 ります。
  
  平安時代の末期に東北で後三年の役がおこりました。

 この内乱をしずめたのが清和天皇から何代か後の源義

 家(みなもとのよしいえ)です。義家の子の義国は関東

 に住みました。その長男義重が新田(群馬県)に住みま

 した。
 
  さらに、義重の子義季(よしすえ)が徳川の地を治め

 徳川義季と名乗りました。

  その後、鎌倉幕府が倒れ、南北朝時代となりました
 が徳川氏の子孫は南朝方として戦ったため、領地を失
  い流浪の旅に出ました。やがて、松平郷(今の愛知県豊田市)に移り松平氏のもとに
  身を寄せ松平を名乗りました。代々相続し、家康の時に徳川の姓(せい)にもどりま
  した。有名な徳川家康の誕生です。
 
   このような歴史があるため、世良田・徳川の地は徳川氏発祥(はっしょう)の地と
  して、将軍家の厚い庇護(ひご)を受けるようになりました。



後水尾天皇勅額  (東照宮蔵)        徳川義季の木像と伝えられている             文殊山 (  徳川義季以下累代の墓  ) 

尾島町と新田義貞