りんごのねむり
 
 りんごは、冬の間にねむります。これは休眠(きゅうみん)といって、

木が冬の寒さから身を守るとともに、春に花をさかせて、生長してい

くために、とても大切なことです。
 

 りんごの木が休眠するためには、寒さが必要です。木は、秋になっ

て葉っぱを落とすと、休眠に入り、なかなか目がさめません。

 ふただび目をさますのは、平均気温が7度以下の日が、約50日ぐ

らいすぎた後になります。
 

 春になって、長いねむりからさめたりんごの木は、やがて花をさか

せます。そして、青森県のすずしい夏の中で、まっかな、実のしまっ

た、おいしいりんごになります。

     
(青森県が作成した「あおもり発見ブック」を参考にしました。)

index