絵で見る青森りんごの歴史

 このページは青森県農林部りんご課が制作した「AOMORI APPLEk」に
 掲載されているの絵を利用して作成しました。

 

明治8年

  政府から青森県の県庁にりんごの
  苗木(なえぎ)3本が送られる

明治32年

  青森の果実商 堀内喜代治氏が
  ロシアのウラジオストック港へ直輸出  

昭和23年

  県庁にりんご課ができる。

   東京・大阪・門司に青森県の事務所ができる。

昭和38年

 県りんごの生産高は、史上最高の3,437万箱。

昭和43年

  紅光・紅玉などのねだんが大はばに下がり、山

  や川に大量にすてられる。品種改良が進む。

昭和46年

  りんごのわい化栽培を進める。
    (木が小さく作業がしやすい。)

昭和49年 

 青森りんご百年記念式典を行う。
 

昭和50年 
 県庁構内に記念碑を建てる。

平成3年
 台風19号により、これまでにない
  大きな被害を受けた。(約741億円)



はじめのページへ