りんごづくりの仕事 ・・みすぐり

 

 りんごは小さい実をたくさんつけます。そのままにしておくと、

その小さい実から小さいりんごだけがたくさんできます。     

大きなおいしいりんごをつくるためには、余分な実をとって

しまわないといけません。それが、実すぐりです。       

農家の人が顔をかくしているの、日焼けをふせぐためです。


 ふ く ろ か け

 

 りんごを病虫害から守るためにふくろをかけます。

 ふくろは色をつけたりする役目もあります。

 いろいろ工夫したふくろが使われています。


次へ(着色のしごと)

仕事のホームページへ