ひさちゃんの探検・津軽ふるさと館

<悪土・津軽ふるさと館>

  「弘前市の中でまだ誰も探険に行ってない

 所はと・・・?」観光や史跡のパンフレットを見ながら、

じっと考え込んでいる ヒサちゃん。 六年生のヒサちゃ

んの学級では、先生が熱心に「弘前探険」を すすめて

いるので、みんないろいろな所に出かけているのである。

 石川城跡・天満宮・ 東照宮・聖徳太子堂 五重塔・

 青森銀行 記念館・禅林街・松蔭室・明治天皇行在所跡・

                                              貴船神社・・・
 

 弘前市にある史跡は、ほとんど誰かが探険しているようだ。これまで訪ねた史跡の写真を

ノートにはってきれいな探険記録を 作っている人も多い。

「まだ誰も行ってない 所はないかなぁー」

目立ちたがり屋のヒサちゃんとしては、学級のだれも探険していな い所に行きたい。

 ついにお父さんの本まで持ち出して、弘前の名所調べを始めたヒ サちゃんが見つけたのは・・・。
 

<津軽ふるさと館!> 


 これまでに聞いたことのない名前である。友達の間でも話題になっ たことがない所だ。説明を

よんでみると、

「著名な郷土史家松野武雄のコレクションを公開。弘前藩士を祖とする松野武雄が生涯をかけ

 て収集した郷土の文化財。」

と書いてある。ともかく歴史に関係のあるものが展示されているら しい。ヒサちゃんはお父さん

に頼み込んで、休みの日につがるふるさと 館に連れて行ってもらうことにした。茂森を越え常

盤坂を下る。悪土東口というバス停を過ぎて間もな く、津軽ふるさと館の看板がある。その看

板を頼りにしばらくいく と、何やら小高いりんご畑の中に土蔵が見える。これが目指す津軽ふ

るさと館である。
 

<池田源兵衛の御菓子 五重> 

 拡大写真へ

 八十才を過ぎたという品川館長が、重々しい土蔵の扉を

開ける。 中にもう一枚がんじょうな引き戸がある。この土蔵

は青森にあった ものをわざわざここに移したものらしい。ヒ

バの太い柱を何本も使ったととても珍しいつくりになっている。

 館内に入ると、江戸時代の頃の古い津軽塗がいくつか並べ

られている。それらが五年生の伝統工業を勉強した「池田源兵衛」のつくったものである

ことがわかってヒサちゃんは驚いてしまった。津軽塗の四段重・たばこ盆、また、波の模様

が出ている「青海波大卓」 もあった。

 この模様は源兵衛独特のもので、秘法であったら しい。津軽藩の殿様が使ったものをそ

のまま展示してあるところがすごい。小学生のヒサちゃんには難しいお話もあったが、品川

さんがとても熱心に説明して下さったのでよくわかった。江戸時代に造られた 大沢焼、悪土

焼の陶磁器、また、秩父宮(ちぶのみや)様に献上し た青貝細工(ラデン)の下駄など非常

に貴重なものがあった。郷土の歴史を研究した松野武雄は、その他にも貴重な古文書や絵

・ 巻物など数千点を集めていたそうである。

 館長の品川さんは昔新聞社に勤めていて松野武雄と知り合い、松野さんが亡くなってから

は、そのコレクションをしっかり受け継いでおられるということで あった。



 


ジュンちゃんの探検弘前ホームページへ