明  治  天  皇  東  北  御  巡  幸

 

   御巡幸の碑

   家族で桜祭りに出かけた時のこと。お掘の近くにある 

裁判所の前 で、お姉さんのユミちゃんが大きな石碑を 

見付けた。立ち止まって 読んでみると、大きな字で「明 

治天皇・・・」と書いてあるのがわ かった。 「弘前の裁判 

所と明治天皇とどんな関係があるのかしら?」 ユミちゃん 

が首をかしげたが、お父さんとお母さんもよくわからな い。 

   次の日、近くの追手門広場にある弘前市立図書館に 

行って調べ てみると、びっくりするようなことがわかってきた。 
 

   日本全国を訪ねた明治天皇


  明治五年から十八年までの間になんと六回も各地を巡幸(じゅん こう)されているのである。 

ほとんど鉄道が開通していなかったこ の時代、馬や人力車、船での旅が中心であった。時には 

天皇ご自身 が歩かれたこともあるというから驚いてしまう。総日数は約三百日 、距離を合計す 

ると一万キロメートルをはるかに越えている。  明治天皇は全国をたくさん巡幸することによって、 

新しい時代が やってきたことを国民に知らせ、文化や技術を発展させて、天皇中 心の国づくりを 

しようと考えたようだ。 

          

    大学病院の庭に残る行在所跡

 

  明治天皇が弘前に到着されたのが明治十四年九月九日。 

人々は家 ごとに日章旗をかかげたり、日の丸の提灯をつるし 

たりして、道ば たに敷物をしいてすわって天皇をお迎えした。 

   この日天皇が宿泊さ れたのが、武田清七宅である。武田 

家は弘前でも指折りの豪商だっ たから、たくさんの費用をか 

け行在所を新築した。その建物のあっ た所が今の大学病院 

になっている。 

   ジュンちゃんは、歴史探険をするユミちゃん一緒に自転車で駐 車場の出口付近にある「明治 

天皇行在所跡」を訪ねてみた。ひっそ りと目立たない石碑だが明治天皇の巡幸をしっかり伝え 

るように重々しく立派なものである。 九月十日に天皇は弘前裁判所においでになっている。そ 

の時の記念碑が裁判所前に建てられているのである。 
 
 

    お茶水に使われた紙すき町の御膳水


  明治天皇に関係のある史跡は他にもある。ジュンちゃんとユミち ゃんは、五重の塔のそばを 

通り、紙漉町へと向かう。踏み切りを渡 り、「富田の清水」を越えたあたりの左手に「御膳水」が 

ある。 

    こ の辺りは昔から質のよい清水が沸き出でいて江戸時代頃から紙を作 る仕事をした所であ 

る。明治天皇が弘前に宿泊された時、ここの水 を汲んでお茶にしたり、料理に使ったりしたとい 

うことである。
 

   青森県内にたくさんある明治天皇の史跡


  主なものだけで四十ヵ所もある。友達の麻記子が住んでいる大鰐 町、守久君、裕君が住んで 

いる黒石市や 平賀町にも史跡があるとい う。ユミちゃんは明治天皇の史跡をたくさん探険して、 

地図にあら わしてみようと楽しみにしている。(1996.5.19) 
 
 


 
 

ジュンちゃんの探検弘前ホームページへ