N   T   T  弘    前

  NTTクイズ!

「NTTの弘前エリア(区域)にある電柱を全部合わせて,
  南の方 に向かって立てていくと、どの辺までいくでしょう。」

  夕食の時、ジュンちゃんが、パンフレットを見ながら皆に質問
している。

   今日ジュンちゃんたちの学校では、社会見学でがあって、NTT弘前支店に行ってきたのである。


「秋田県のはずれ?」

「山形県までかな?」

お母さんとお姉さんのユミちゃんが頭をひねっている。

「街にある電柱のように三十メートルぐらい間を開けると、東京までいくかもしれないね」

 お父さんはさすがに鋭い。

「正解は、九州です」

と、ジュンちゃんが得意そうに言うのを聞いてみんなびっくり。

「ケーブルの長さを合わせると、弘前市から九州まで行って帰ってきて、さらに東京までいくくらい
 あるんだよ。」

ジュンちゃんが続けて言った。

「電話ってすごいんだね。NTTの見学は楽しかった?」

お母さんがたずねると、ジュンちゃんは次から次へと見てきたことを語り始めた。
NTT奥様コースがあるんだよ!

  「お母さんも一度見学してみるといいよ。」

と言うジュンちゃん。 実は本当のねらいは他のところにあるらしい。社会見学では見せてもらえなかった、

地下の大坑道の見学をねらっているらしい。弘前エリアにある約十九万台の電話が、 太いケーブル線で

弘前NTT支店の地下を通って集められているという。ジュンち ゃんはSFに出てくるような地下実験室の

通路を想像してしまう。       

  お母さんをすっかりその気にさせて、NTTに連れ出したジュンちゃん。社会科 見学で覚えたことを、得

意顔で教えて歩く。コンピューターがたくさん並んだ「10 4番」の電話番号案内。「113番」の故障受け付

け、「116番」のご注文受け付 け、どこもすっかり機械化されていて、お母さんも興味深く見学していた。   

  いよいよ地下の坑道へ・・・・。

ここは、特別の場合でないと人を入れないという ので、お父さんからも特別お願いしてもらったのである。  
 
「これが19万台の電 話につながっている 電話線の集団だ・・・・この先にある 線を合わせると弘前か

 ら九州までの1往復半か・・・」 

  ジュンちゃんは、学級の誰よりも物知りになったような気がして大満足である。
 
 「電話線の管理や工事をするラインマンセンターにも行きたいなあ ・・・」  

  次の見学を楽しみにしているジュンちゃんである。(1996.1.28)

   



 


ジュンちゃんの探検弘前ホームページへ