リエちゃんの探険弘前・聖徳太子堂

<聖徳太子について勉強するリエちゃん>

  「飛鳥時代に関係あるものって、弘前市に
 あるかな?」
「弘前にある史跡は江戸時代のものが多
 いんだよ・・・」
「平安時代の菅原道真や坂上田村麿に関
 係のある神社はあるんだけど・・・」
社会科の時間が終わって、探険の計画を
 考えているリエちゃんたち四人組である。
なかなかよい探険場所が見つからない。
その時、
「この間五重の塔に行った時に、太子堂
 というのを見たよ」
そばで聞いていたヨシ君たちが言い出し
た。
  聖徳太子を祀(まつ)っている所が
本当に弘前にあるんだろうか。だいたい
聖徳太子は神様や仏様のように祀られる
方ではない。 リエちゃんたちは頭をかし
げた。
  6年生の教科書には、推古天皇の摂政として、十七条の憲法をつくったり、
冠位十二階定めた。また、隋に使いを送って、大陸の文化を取り入れたと書
いてある。

<五重の塔へ向かうリエちゃんたち四人組>

   五月最後の日曜日。 けいちゃん・かえちゃん・ましちゃん・りえちゃんたち
四人は、五重塔のある最勝院を探険することにした。  
   青空にくっきりとそびえ立つ五重塔。歴史の街弘前のシンボルである五重
塔を右手 に見ながら、坂を登っていくと左手に十五段ほどの石段がある。こ
の石段を登り切っ た所がちょっとした広場になっている。
 

                      <太子堂発見!>

   奥まった所にあるのが、太子堂だ。 杉や松の木に囲まれひっそりと佇(た
たず)ん でいる太子堂。高さが五メートル程で、四方に屋根を備えた小さな
お堂である。
    周辺 に同じようなお堂がいくつか並んでいる。 太子堂と書かれた石碑
の近くに説明の看板が立っている。りえちゃんたちは近寄 って読んでみた。
教科書に書いてあったのと似ているようなことがあった。

       摂政、十七条の憲法、冠位十二階、大陸文化の導入、法隆寺の建立
などである。
  前面の石碑には、大きな字で聖徳太子堂と書かれている。 最勝院の社
務所を訪ねたら、運良く住職の布施さんのがおられて、お話を伺うこと がで
きた。次は最勝院第三七世住職布施さんのお話からわかったこと。
 
 

                    <太子講は職人の会>

・太子講は、大工・左官などいろいろな職人が集まって作っている会である
・県内にもほとんど例がないようだ ・1年に1回集まり、ご祈祷(きとう)する。
  百人を超える会員がある。 (今年は 七十人程参加)
・最勝院は銅屋町・鍛冶町・桶屋町など職人の町に近い。
・太子堂がいつごろ建てられたかははっきりしないが、かなり古くから、 大
  工の人たちを中心に信仰されてきたことは確かである。
 
 

          <聖徳太子が祀られるようになったのは?>

   はっきりしないが、聖徳太子は建築・土木をはじめ、いろいろな文化を積
極的に取り入れた。それが人々の心に深く残り、学問や技術を学ぶ人々の
目標として、また、守り神としてまつられるようになったということらしい。
   太子堂の近くには仁王坂がある。古い石段が続き、由緒ある最勝院の歴
史を偲(しの)ばせている。(1997.6.1) 


ジュンちゃんの探検弘前ホームページへ