弘 前 天 満 宮 を 訪 ね て

     平安時代と弘前

「平安時代に関係あるものって,弘前にあったかしら?」

ユミちゃんに聞かれて,みんなは首をひねってしまった。

「十円玉の裏についている建物が確か昔のものだとか・・・」

と言うジュンちゃん。

「平等院鳳凰堂でしょ。確かに平安時代の建物よ。でも,お金って絵がある方が表なのよ。」

とお母さん。何だか話が別な方にいってしまいそうな雰囲気。

「平安時代といえばなんといっても藤原氏だ。佐藤・伊藤・後藤・加藤とか名字に

藤のつく人は藤原氏に関係あるという話を聞いたことがあるよ。」

お父さんは,物知り顔で言ってみたが,本当かどうかと言われると全然自信がな

いらしい。  

「青森のねぶた祭というのは,平安時代に坂上田村麿が蝦夷と戦う時につくった

灯ろうが始まりだそうよ。」

とお母さん。でも,坂上田村麿は実際には青森県に来ていないということなので,

言い伝えにすぎないようである。ただ,坂上田村麿が創建したといわれている神

社が県内にたくさんあるのは確かである。
 

菅原道真と天満宮

  追風門広場の図書館に出かけて行ったユミちゃん。平安時代のことを書いた本

を いろいろ調べているうちに,

「天満宮に神様として祭られた菅原道真」というところを見付けた。

 学校で勉強したことによれば,菅原道真は藤原氏と並ぶ有力な貴族で,遣唐使

の廃止を決める時などに大事な仕事をしている。遣唐使の廃止によって,ひらが

な文 字が発明され,日本風の文化が目覚ましく進歩したのである。 「たしか天満

宮が弘前にもあったのじゃないかな?」そう思ったユミちゃんが近くにある市の観

光館で調べてみると,禅林街の近くにあることがわかった。
 

家族で弘前天満宮へ!

  天満宮は西茂森町の静かで落ち着いた所にある。西北の方に岩木山が美しくそ

びえ立ち市内有数の景勝地にもなっている。境内には,数多くの石碑や句碑が残

され ていて,弘前市の人々に長く親しまれてきた場所だということがわかる。

 境内にある案内板を読むと,開祖は菅原道真の末裔(まつえい)にあたる大行院

栄尊という方であることがわかった。一五九八年に南郡の大根子村に祈願所をつく

ったのが始まりらしい。

 社務所には学問の神様ということで,勉強がよくなるようなお守りがたくさんあった。
 

発見!推定樹齢三百年のシダレザクラ

ジュンちゃんやタカちゃんが遊んでいるブランコのそばに,弘前市の保存樹木に指

定された古い木があった。天満宮の盛すいを見つめてきた木だと思うと不思議な気

持ちになった。 また,境内には国会議員をつとめた島口重次郎先生の顕彰碑が建

てられていて, お父さんとお母さんが驚いて読んでいた。

 「坂上田村麿が創建した神社」も探してみたいな・・・ユミちゃんは次の探険をとて

も楽しみにしている。(1996.6.11)


ジュンちゃんの探検弘前ホームページへ