「ジュンちゃんの探険!弘前」

  

 
  陸奥新報の日曜版をご覧になったこと
  があるでしょうか。そこに

 「NIE・郷土に 学ぶ社会科」の記事が
  掲載されています。主人公のジュンち
  ゃんが、学校で勉強したことや考えた
  ことをもとに、弘前のいろいろな施設
  や史跡を見学して歩くという設定で書かれています。お父さんや
  お母さんも登場します。兄弟のユミちゃん、タカちゃんもいます。 
   
    今年訪ねた所の主なものとしては、姉さんのユミちゃんが平安時代

  を勉強した時の 弘前天満宮、江戸時代と関連する東照宮などがあり

  ます。 
   
     ジュンちゃんが自動車工業を勉強した時は「藤代工業団地」を見に

  行き、弘前市に工場を誘致することの意味について家族で考えるとい

  う場面がありました。 

   (記事を市内の社会科の仲間の先生方と書いているのでジュンちゃん
     が登場するのは 二ケ月に一回ぐらい) 
   
    私は最近、親と子どもの会話の中に学校の勉強が登場したり、休日

  を利用した外出 等に学校の学習が生かされないものだろうかと考える

  ことが多いのです。 
  
     親にしてみれば、いつも子どもの要求に付き合っていられる程、暇

  ではないでしょう。私も一人の親として子どもにどれだけ付き合って

  あげれたかと考えてみると反省のみ残ります。 
   
     でも、天気がとても良くて何となく家に居るのがもったいなくて・・・

  そんな時、子どもと何処に行ったらいいのだろう?子どもは今現在何

  を勉強しているのだろう?と思うことがありませんか。 
   
    何かしてあげたいとおもった時に、子どもと一緒に「探検に出掛けて

  みる」ことも大切だと思うのです。 

    子どもたちに、実際にいろいろな場所を訪ね自分の目や耳を使って確

  かめてほしいという願いをこめて、また、親子で探検する機会が増えて

  ほしいという願いを込めてジュンちゃんシリーズを書いています。 

   お読みになった方のご感想をお聞かせ下さい。

   また、「こんな所が探検場所としてふさわしい」というご意見があり

  ましたら、是非お知らせ下さい。

 

 
 ジュンちゃんの探検弘前ホームページへ