2012.5.19-20

(2012年度 放送大学)計算機今昔〜マイコンものづくり[定員30名][シラバス]

小山智史(弘前大学教育学部)

(授業内容)

 前半は計算機の誕生から今日までを辿ります。特に、計算尺、タイガー計算機(HL-21)、ミニコンタイプのマイコン(F-PDT8)、ボードマイコン(TK-80相当)、パソコン(PC-8001)などを授業時に実際に動かして、歴史の一端に触れていただきます。

 後半は、今日、日常生活を支えるさまざまな機器に組み込み用マイコンが用いられていることを紹介した後、組み込み用マイコンを用いた電子オルゴールの製作を行います(持ち帰り)。

(授業計画)

(学生へのメッセージ)
 ものづくりや電子工作に関心をお持ちの方の受講を歓迎します。初めての方でも大丈夫です。

(受講者が当日用意するもの)
 (1) Windowsのノートパソコン。(持参できない場合は、5月12日(土)までに青森学習センターへご連絡ください。) (2) 製作する電子オルゴールの楽譜。

(成績評価の方法)
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。

(教科書)
授業当日にプリントを配付します。


koyama@cc.hirosaki-u.ac.jp