2003.7.17

ノックの達人(ノックのリズムでロックを解除)

小山 智史(弘前大学教官)
浅瀬石 悟(弘前大学院生)

1. 概要

 音楽に合わせて決められたタイミングでドアをノック(合の手)するとロックが解除されるドアロックです。

 複数の人が利用する部屋では、使用者全員にキーを渡すのも大変です。そのような場合に利用できるのではないかと思い作りました。「太鼓の達人」や参考資料にヒントを得ました。

 AVRマイコン(AT90S2313)と圧電素子、ステッピングモータを使用しています。入室時には、音楽に合の手を入れるようにドアをノックするとロックが解除されます。最後まで正しく合の手を入れないとドアは開きません。退出時は、部屋の内部にあるロックボタンを押して室外に出ると、10秒後にドアがロックされます。

2. 外観


左は外側からの写真(幅33cm, 高さ25cmのドアのミニチュア)、右は内側のドアロック機構(基板の後ろはステッピングモータ)





左は内側からの写真(ロック時)、右はロックを解除しドアを開けた様子




3. ロック解除の様子: 音を聴く

 音楽に合わせてノックで「合の手」を入れています。最後にロックを解除するステッピングモータの音が聞こえます。

4. 回路図(タイムチャートはステッピングモータの駆動パルス)

5. プログラム: lock.c

 プログラム中で音楽や合の手のタイミングを変えることができます。

(参考資料)

[1] 志田光男: お知らせキーホルダーの製作, トランジスタ技術, 2000年, 7月号, pp.235-239.
[2] ノックする回数を暗号化して開閉を行うドアロックの制作篇, TDK電子部品実験室シリーズ, No.105, http://www.tdk.co.jp/tjdac01/

日 更新