更新

赤外線リモコン自動車

2001.1.5 小山智史(弘前大学)

○名称: 赤外線リモコン自動車

○概要: その辺にころがっている赤外線リモコンを使って操作できるリモコン自動車。 基板上のタクトスイッチを押すと1→2→...→7と表示が変化する。番号は次のとおり。1:停止, 2:前進, 3:右旋回, 4:左旋回, 5:前進(スロー), 6:右旋回(スロー), 7:左旋回(スロー)。設定する番号にして手持ちのリモコンの割り当てたいボタンを押すと、登録信号数がその機能に設定される。設定は電源を切っても保持される。

○実装例:
赤外線リモコン自動車の概観

○回路図: 初めにTA7257P(モータドライバIC)を使って前進後退できるように作ったが、ドライバICの電圧降下が大きく動きが芳しくなかった。そこで、FETを使い電圧降下を押さえるよう変更したが、回路が面倒なので前進のみとした。

赤外線リモコン自動車の回路図

○プログラム: ircar.asm, irrxlib3.asm, irpreset.asm, ircartab.asm, piclib.asm

 アセンブル: mpasm /q /c /w2 /rDEC ircar
koyama@hirosaki-u.ac.jp