平成19年度弘前大学教育学部
特別活動実習(フレンドシップ活動)計画
実習一覧
番号
実習分野
連携先
学生数
対象学年
授業時間
活動場所
授業区分
備考
自然体験実習「ふれあい自然体験活動」 青森県立種差少年自然の家 11名 2年次 前期
火曜9・10時限
青森県立種差少年自然の家 「特別活動実習A,B」 事前・事後指導を受講すること
青森県立下北少年自然の家 9名 青森県立下北少年自然の家
公立小川原湖青年の家 12名 公立小川原湖青年の家
野外活動実習「ふれあい野外活動」 地域の公立学校または社会教育施設 12名 3年次以上 年間不定期 各主催団体の事業開催施設 「特別活動実習C」 2年次に「特別活動実習」を履修し、単位を修得していること
学校適応支援実習
「ふれあい支援活動」
弘前市学校適応指導教室 23名 通年週1回午前中 弘前市学校適応指導教室 「特別活動実習(不登校)」(「教員養成総合実践演習V」) 2年次に「特別活動実習」を履修し、単位を修得しており、かつ、適性試験に合格していること

○2年次学生対象の実習
 2年次学生を対象とした「特別活動実習」(「特別活動実習A,B」)は3つの自然体験実習から構成されている。付与単位は2単位である。学生は3つの実習から1つを選択し,連携先主催事業に参加するが,4月当初のガイダンスや事前・事後指導は共通の時間・場所で行なう。事前指導を受けた後,各配属事業に分かれて活動する。配属事業ごとに必要に応じて事中指導を行う。事前指導後及び各配属実習の活動後においてそれぞれ「ふり返りレポート」を提出する。学生は交流分析尺度である東大式エゴグラム(TEG)を活動前後に受検し,自己分析や自己啓発の参考資料とする。事後指導として,10月上旬に,フレンドシップ活動(「特別活動実習」)シンポジウムを開催する。また,実習活動内容とシンポジウムの記録をまとめた「フレンドシップ活動(「特別活動実習」)報告書」の作成に取り組む。

事前指導日程 [4月中旬〜5月下旬]
 毎週火曜日の9・10時限は401教室にて事前指導のための授業を行う。
   4月10日(火) ガイダンス
  4月13日(金)(昼) 授業登録,実習(連携先主催事業)選択
  4月17日(火) 事前宿泊研修班編制,各班役割分担
                  講義 「『特別活動』の目的と内容」
  4月24日(火) 特別講義1 「『体験活動』が子どもを変える」
  5月1日(火) エゴグラム測定,役割ごとに事前宿泊研修準備作業
  5月8日(火) エゴグラム返却,事前宿泊研修準備作業
                  講義 「『特別活動』の方法 ― 遠足・集団宿泊的行事」
  5月15日(火) 特別講義2 「『ふれあい自然体験活動』における集団活動に向けて―自然 ふれあい 夢・発見」
  5月19(土)〜20日(日) 青森県立梵珠少年自然の家における1泊2日の事前宿泊研修
  5月22日(火) 事前宿泊研修の「ふり返りレポート」提出,各実習の活動計画・留意事項
                  講義 「『特別活動』の評価」
  5月29日(火)  講義 「『特別活動』と社会教育・生涯学習」

事中指導 [6月上旬〜7月下旬]
 配属実習ごとに,随時,事中指導のための授業を行う(日時・場所等は後日掲示)。
   
事後指導 [10月上旬〜11月下旬]
 全体で事後指導を行う(日時・場所等は後日掲示)。
   フレンドシップ活動(特別活動実習)シンポジウム,エゴグラム測定
    レポート(「フレンドシップ活動(特別活動実習)をふり返って」)提出,アンケート記入
    フレンドシップ活動(特別活動実習)報告書原稿執筆分担(11月末日提出)

2年次学生対象「ふれあい自然体験活動」各実習概要
 2年次学生は,「ふれあい自然体験活動」実習1〜3のいずれかの実習を選択し,活動にそれぞれ参加するものとする。「ふれあい自然体験活動」は,青少年教育施設(青年の家,少年自然の家等)が主催する社会教育活動である自然体験活動の支援を行う。自然体験活動は野外での生活や活動を通して自然の厳しさや楽しさを体感し,参加者相互の友情や信頼関係を築くことを目的に行われる活動であり,子どもはテント設営,炊事等の野外生活を体験する。
 学生は,青少年教育施設の指導者(指導主事,社会教育主事)やボランティア・スタッフの指導のもと,班リーダーとして子どもと一緒に活動に参加したり,また,体験活動の企画運営に携わる。

実習1 青森県立種差少年自然の家主催「チャレンジキャンプ夏」
 活動の概略は次の通りである。
 1 本活動は夏季休業中(8月上旬)に体験活動を含む集団宿泊活動として行う(平成19年度は8/7〜10を予定)。
 2 学生は6月23日(土)〜24日(日)に実施される事前研修会に参加し,野外活動の基本を学習するとともに,本活動の内容についても実践的に理解を深め,準備をする。
 3 事前研修会,本活動ともに交通手段として貸し切りバスを運行する。

スケジュール
時期 活動内容
6月23日〜24日 自然体験活動指導者研修会(青森県立種差少年自然の家)
7月3日 自然体験活動指導者研修会レポート提出締めきり
8月7日〜10日 チャレンジキャンプ夏(青森県立種差少年自然の家)
8月31日 レポート提出締めきり

実習2 青森県立下北少年自然の家主催「冒険半島:紺碧のしもきた」
 活動の概略は次の通りである。
 1 本活動は夏季休業中(8月上旬)に体験活動を含む集団宿泊活動として行う(平成19年度は7/29〜8/5を予定)。
 2 学生は6月23日(土)〜24日(日)に実施される事前研修会に参加し,野外活動の基本を学習するとともに,本活動の内容についても実践的に理解を深め,準備をする。
 3 事前研修会,本活動ともに交通手段として貸し切りバスを運行する。

スケジュール
時期 活動内容
6月23日〜24日 自然の家ボランティア研修(青森県立下北少年自然の家)
7月3日 自然の家ボランティア研修レポート提出締めきり
7月29日〜8月5日 冒険半島しもきた(青森県立下北少年自然の家)
8月31日 レポート提出締めきり

実習3 公立小川原湖青年の家主催「夏休み自然教室」
 活動の概略は次の通りである。
 1 本活動は夏季休業中(8月上旬)に体験活動を含む集団宿泊活動として行う(平成19年度は8/9〜11を予定)。
 2 学生は6月23日(土)〜24日(日)に実施される事前研修会に参加し,野外活動の基本を学習するとともに,本活動の内容についても実践的に理解を深め,準備をする。
 3 事前研修会,本活動ともに交通手段として貸し切りバスを運行する。

スケジュール
時期 活動内容
6月23日〜24日  自然体験活動指導者研修会(青森県立種差少年自然の家)
または自然の家ボランティア研修(青森県立下北少年自然の家)
7月3日 自然体験活動指導者研修会
または自然の家ボランティア研修レポート提出締めきり
8月9日〜11日 夏休み自然教室(公立小川原湖青年の家)
8月31日 レポート提出締めきり

○3年次以上の学生対象の実習
 3年次以上の学生を対象とした「ふれあい活動」は2つの実習から構成されている。実習4は年間不定期の活動であり,参加した活動の量・質により1単位または2単位が付与される。また,実習5は通年の活動であり,付与単位は2単位である。実習4の活動の詳細については,その都度,掲示により周知する。3年次以上の学生対象の実習に参加するには,2年次または3年次において特別活動実習(「特別活動実習A,B」)を履修し,単位を修得していなければならない。また,実習5の場合は別に実施する適性検査に合格しなければ履修が認められない。

3年次以上学生対象各実習概要
 学生はスケジュールに無理がない限りにおいて,実習6,実習7の両方に参加することができる。但し、付与される単位は最大で2単位までである。

実習4 地域の公立小学校および青少年教育施設との連携による「ふれあい野外活動」
 前年度,特別活動実習の単位を修得した3年次学生のうち,希望する者には弘前市内及び近隣の小学校主催の宿泊体験学習や社会教育施設での自然体験活動を紹介する。学生は各自の都合に合わせて事業を選択し,活動に参加する。学生の役割はスタッフ支援活動である。

平成19年度活動予定(平成19年4月26日現在)
時期 連携事業 場所
5月23日〜24日 平川市立柏木小学校体験活動(5年生) 梵珠少年自然の家
6月7日〜8日 黒石市立中郷小学校自然体験教室(5年生) 岩木青少年スポーツセンター
6月9日〜10日 下北少年自然の家「ちびっこわんぱく大作戦1」(小1年生〜3年生)  下北少年自然の家
6月15日 田舎館村立西小学校校外学習(1,2年生) 弥生いこいの広場
6月26日〜27日 田舎館村立西小学校自然体験教室(5年生) 梵珠少年自然の家
7月12日〜13日 黒石市立追子野木小学校体験活動(5年生) 梵珠少年自然の家
7月22日〜25日 梵珠少年自然の家「アウトドアライフ2007 in サマー」(小4年生〜中学3年生)  梵珠少年自然の家
7月28日〜30日 弘前市中央公民館「弘前市子ども会研修会」(小4年生〜中学3年生)  梵珠少年自然の家
1月9日〜11日 梵珠少年自然の家「アウトドアライフ2008 in ウィンター」(小4年生〜中学2年生)  梵珠少年自然の家

実習5 弘前市学校適応指導教室との連携による「ふれあい支援活動」
 「弘前市学校適応指導教室」の通級児童生徒に対する「ふれあい支援活動」には次の2種類の活動があり,学生は基本的に両方に参加するものとする。

活動1 適応指導教室における「ふれあい支援活動」
 平成19年4月〜平成20年3月(通年),原則週1日の活動参加とする。対象学生数は20人程度 とする。弘前市教育委員会との密接な連携のもとに,弘前市の不登校児童生徒に対する通級指導を実施している「弘前市学校適応指導教室」の教育活動を補助する「斜めの関係」の存在として 関わり,学習支援と共同活動を通して,不登校児童生徒に対する理解と指導力を養うとともに,学校教育活動のあり方について考えさせる。この目的の実現のために,面接・心理検査等によって適性を判定して支援学生を選抜する。選抜された学生はさらに「弘前市学校適応指導教室」学習指導員による研修会を受講したのち実際の活動にあたらせるが,支援活動の展開と並行して,本学部教員担当の授業「カウンセリング基礎論」(前期前半部分)において不登校論・カウンセリング論・エンカウンター論の講義・演習を受講させるほか,随時,スーパービジョンを行なう。

活動2 野外での「ふれあい自然体験支援活動」  
 不登校児童生徒との共同活動の一環としての自然探索活動,体育活動,炊事活動,体験実習活動を,「弘前市学校適応指導教室」との共催によって実施し,教室内よりも自由なかかわりの中で不登校児童生徒の新たな側面を発見させ,信頼関係を深めさせる。この活動には保護者の参加も求める。

ページのトップへ
教育実践総合センターのページへ


                                                             norotoku@cc.hirosaki-u.ac.jp
Last Updated on May 14, 2007