News and Information

2012-10-10
大溪さんの報告書を掲載しました。
2012-03-12
第4回若手会セミナーも皆様のご協力のもと、無事、終えることができました。 来場者数が多く、とてもいい雰囲気の研究集会になったことも偏に皆様方の暖かいご支援の賜物と深く御礼申し上げます。
2012-02-09
プログラムを公開しました。非専門家向けの入門的な講演をお願い致しましたので、皆様、奮ってご参加ください。
2011-10-25
若手会セミナーの日程が2012年3月2日(金)に決定しました。

若手会セミナーとは?

若手会セミナーとは、通常の研究集会とは違い、その場で質疑応答や議論をする"セミナー形式"の会 として企画されたもので、昨年度までに3回開催されています。 今年度も同様の企画で開催を予定しています。

プログラム


2012年3月2日(金)

題目Auslander-Gorenstein環入門
講演時間13:00-14:00, 14:10-15:10講演者宮原 大樹(山梨大学)
概要 この講演では、非可換なネーター環の中でも様々な分野とのつながりが深いAuslander- Gorenstein 環(またはAuslander-regular 環)について基本的な部分から紹介する。
Auslander-Gorenstein 環、Auslander-regular 環は1970年代 M.Auslander らによって、可換なGorenstein 環の非可換による類似として議論を進め、整環の表現論において自然に現れることを示した。 したがって表現論的な捉え方をすれば、多元環の表現論の一般化として、純粋に加群論的な捉え方をすれば、可換なGorenstein 環の非可換類似として、さらには1980年代にM.Artin, F.Schelter によってAS-reguler Algebra との関連も見出されたことを契機に非可換代数幾何学における一つの重要な環のクラスとして研究されている環であると言える。
それぞれの分野の方には物足りないと思われるかもしれないが、少しでも多くの人に興味をもってもらえるよう、定義から始め、できる限り例を紹介しながら多くの方が残した研究結果を様々な角度から幅広く紹介していくことにする。
題目不変式論入門
講演時間15:30-16:30, 16:40-17:40講演者大溪 正浩(名古屋大学)
概要 不変式論は可換環論の一部であり、またその豊富な例をもたらすものとして
相互に関連しながら発展を続けている。本講演では、有限生成性や、
ホモロジー代数的手法、正標数の手法によって定義される可換環の諸性質を
不変式環が満たすための条件について、歴史を踏まえつつ概観する。
報告書 PDF
19:00-懇親会

懇親会

3月2日(金)19:00から懇親会が行われます。参加される方は2月28日(火)までに世話人の上山 ueyama-mail までメールでご連絡下さい。 (SPAM対策のためメールアドレスは画像にしております。コピー等はできませんがご了承ください。)


上記に関するご質問や詳細などに関するお問い合わせは、世話人の上山 ueyama-mail にご連絡いただきますようよろしくお願いします。 (SPAM対策のためメールアドレスは画像にしております。コピー等はできませんがご了承ください。)

ページのトップへ戻る