教育学研究科概要
TOP>教育学研究科概要
より深く実践的に学び、どこまでも専門的に研究を重ねる。

大学院とは何でしょうか?

 簡単に言うと、大学を卒業した人が学部で学んだことを基礎にして、さらに専門的な研究を重ね、より深く勉強するところです。
 大学院へは、学部(博士課程の場合は大学院修士課程)から直接進学することもできますし、職に就いてから現職教員や企業人など社会人として入学することもできます。そして、定められた授業科目の単位を修得し、さらに学位論文等の審査に合格すると修士や博士の学位が授与されます。
 弘前大学大学院には修士課程と博士課程のいくつかの研究科がありますが、ここでは教育学部の教員が関係している教育学研究科と地域社会研究科について簡単に紹介します。

教育学研究科(修士課程)

 教育学研究科は教育学部と直結した関係にあり、より高度な資質を持った教員や、教育的な立場や視点から地域社会の発展に貢献できる人材の養成を目的としています。
 教育学研究科は「学校教育専攻」「教科教育専攻」「養護教育専攻」の3専攻12専修で構成されており、修了すると修士(教育学)の学位が授与されます。また、すでに小学校、中学校、高等学校、幼稚園、特別支援学校の教諭、及び養護教諭の一種免許状を持っている場合には、それぞれの専修免許状を取得することができます。
 また、「学校教育専攻」の「臨床心理学分野」は財団法人日本臨床心理士資格認定協会の第1種大学院に指定されており、臨床心理学と関連科目の深く広い履修により、高度な心理臨床能力をもつ人材を養成しています。

地域社会研究科(博士課程)

 地域社会研究科は弘前大学大学院に新たに独立研究所として設けられましたが、北海道南部と北東北を対象エリアとして地域社会に密着した教育研究を行い、この地域の社会や文化の向上に貢献できる人材を養成することを目的としたユニークな研究科です。教育学部のほか人文学部や農学生命科学部等の教員が担当しています。

このページトップへ


◆お問い合わせ窓口
弘前大学教育学部
〒036-8560
青森県弘前市文京町1番地
TEL 0172-39-3939
Copyright © 2010 弘前大学大学院教育科研究科. All Rights Reserved