ごあいさつ 


 『教員養成学研究開発センター』は、日本にふたつとない、極めて個性的な研究施設であると自負している。
 その任務は、弘前大学教育学部が不断に、かつ自律的自発的に検証・改善を行い、つねに社会が必要とする教員の養成にかかわることができるよう、自らの教員養成活動の総体を研究対象とし、その改善のための方策を提案し、附属学校園と一体となって検証し実現する、という実践的研究にある。
 我々は、これまで、受動的でありすぎたように思う。そして、専門家の寄せ集めであって集団の体をなしていなかったように思う。
 教員養成という形で学校教育に深く関わっている我々は、学校現場における諸問題に対して、敏感に反応すべきであるし、教員養成の改善を通して積極的に責任を担うべきである。そのためには、研究者である教員が、個人的にではなく、学部という集団として、常に、養成すべき教員像やそれを実現するためのカリキュラム、あるいは教員組織の在り方等について考え、議論し、研究し、改善・改革する仕組みが準備されていなければならない。
 弘前大学教育学部は、その仕組を、『教員養成学研究開発センター』として用意した。